穴龍の里

穴龍がr6sのSSをupする欲望の吐き捨て場。

片想い狂詩曲

【片想い狂詩曲】


貴方を好きになったのはずっと前の話。

貴方をもっと知りたいと思うようになったのは最近のこと。

振り向いて欲しいと思っているのに、貴方には大切な人がいて。

俺にこの気持ちを伝える権利はあるのだろうか。

臆病者の俺は伝えることを諦めていた。


***


「ルーク、顔色が優れないようだね。体調でも悪いのか?」

「ドク、俺は大丈夫だよ!ごめんね、貴方に心配をかけるつもりは無かったんだが…。最近何だか寝不足でね」

「…何か悩みがあるのなら相談しろ、私は軍医であり君の相棒なんだから。隠し事は信頼関係が崩れていくことに繋がってしまう」

「そ、そうだね…」

ここ最近、ドクのことを想えば眠れない日々が続いていて気が付けば貧血で倒れかけていた所をタイミング悪く想い人にも見られてしまった。

ドクの薬指にはまっている銀の指輪は彼が既婚者であることを示す目印で、俺の想いを伝えることを許さないかのように厳かな輝きを放っていた。

「ルーク、君は何に悩んでいる?仲間か?それとも健康のことか?それとも…恋煩いか?」

ドクのブラウンの瞳は俺を射抜くように見つめてくる。いつものような穏やかさは其処になく、少しだけ俺に対して怒っているように思えた。

「…仲間のことでもなく、健康のことでもない。俺には片想いの人がいてその人は結婚だってしている。だから俺はずっと心の中で想うことしか出来ないんだ。…貴方には関係ないだろう?」

「…関係ないって何だ」

「…貴方に俺のことなんて分からないだろう?俺のことなんて何も知らないくせに怒るなんておかしくないか?そうやって俺を…」

「君のことを心配してるのに逆切れか?子どもみたいだな」

「…じゃあ、じゃあ俺が貴方に片想いしていること伝えたら貴方は俺を好きになってくれるのか?!そうやって貴方は結婚だってしているのに俺に優しくして来て…。それがどれだけ辛いことかドク、貴方に分かるのか?…分からないだろうな」

俺は怒りに任せて全てをドクにぶつけてしまった。あぁ、もう終わった。大人気なく頭に来て怒ってしまった。

…もう、俺と貴方の信頼関係なんて崩れたも同然だよ。

 

「…君は本当に直情的だよね」

ドクはそう言うと薬指にはめていた銀の指輪を外してゴミ箱に躊躇なく投げ入れた。

「何を…!」

「これが君を縛っていたのなら、捨てるのが早いかと。まったくこの指輪がカモフラージュだってこと誰も教えてあげないんだろうね」

「意味が…分からない」

「…じゃあ私が教えてあげるよ、ルーク」

気が付けばブラウンの瞳はすぐ近くにあり、唇と唇が触れているのがよく分かる。

頭は真っ白。

思考回路はショート寸前なわけで…。

 

「意味分かった?」

「…頭が追いつかない」

「だから私は既婚者でも何でもない。私も君を恋愛対象として好きなの、指輪はカモフラージュ用。女避けだよ、まったく。君を好きじゃなきゃ私は戦場でとっくに君を見捨ているよ?ルーク、君みたいな命を自ら捨てに行く奴が私は一番嫌いだからな」

「…貴方は俺を好きなのか?」

「だから言葉にして伝えているだろう?足りないならもっと教え込んでも良いが…。まだ仕事中だからね、続きは宿舎の私の部屋で。今夜たっぷりとルーク、君自身に教え込んであげる」

「本当に貴方って人は狡い人だ…!」

「…こんな私は嫌いか?」

「…好きだよ、馬鹿」

「歳上に向かって馬鹿は駄目だぞ、あ、いじけるなよルーク。可愛いなぁ、本当に」

「…夜、絶対に寝かさないからね」

「望むところさ」


医務室で片想いしていた人と視線がぶつかれば穏やかな笑みが自然と口元に笑みが零れた。

恋が実るって、幸せなんだね。

俺、貴方に出会えて良かった。

大好きだよ、ドク。

だからこれからも。

俺の隣に居てください。

 

今宵、月明かりの下で

【今宵、月明かりの下で】

*ジャッカルがバックに惚れる話。

 

ふと基地の外を散歩していれば、カナダからこのレインボー部隊にやってきたというセバスティアン・コテ…、通称・バックがベンチにもたれながら月を見上げていた。

ジャッカルはバックの近くまで足を進めてベンチに座るバックに声をかけた。

「…こんな遅くに月をツマミに晩酌か?」

「あんたは確か…」

「ジャッカルだ、バック」

「あぁ、この間来たばかりの。俺に何か用か?生憎、俺は相棒にフラれたばかりでな。一人にして欲しいんだ。こんな真夜中に散歩とはいい趣味だ」

バックは手に持っていた缶ビールを飲みながら月を見上げた。端正で男らしい横顔、彫りの深い顔のパーツたちが月明かりに照らされてより男らしさを引き立てた。

ジャッカルはそんなバックの横顔に見惚れるかのように真っ直ぐと彼を凝視してしまう。バックはそんな視線に気がついたのが、ジャッカルの顔を見つめて口許を緩めた。

「俺の顔を見つめても何も出ないぞ」

「別に何も求めてはいないさ。ただバック、あんたの顔は彫刻のように彫りが深くて美術品のようだな。綺麗だと思って見惚れていたよ」

「…そりゃ男に言う台詞じゃないぞ」

「綺麗と思うことに女も男も関係無いんじゃないのか?俺はスペインの男だ、思ったことは包み隠さず言わせてもらう。あれ、あんたの顔赤いが大丈夫か?」

ジャッカルはスペインの生まれだ。思ったこと、感じたこと。全ては包み隠さず言ってしまう。情熱の血が騒いで仕方ない。

バックはジャッカルの瞳を見つめて可笑しげだと言わんばかりに大笑いし始めた。

「はっ…、酒の所為だぜまったく。俺はずっと好きだった相棒に想いを伝えたらこっ酷くフラれたよ。『貴方をそういう目では見れない』ってな。俺は彼女の背中を守る為にずっとずっと側に居てやりたかったのにっ…!いい歳してヤケ酒とは馬鹿みたいだな、ジャッカル、あんたも無理して俺の隣にいることなんて…」

「…バック、泣きたいなら胸を貸してやる」

「俺は別に…!」

「良いから黙って泣け。顔は見ないで居てやるから」

ジャッカルはバックの腕を掴んで己の腕の中に引き寄せた。ハッと耳元で息を飲む音が聞こえたがそんなのは丸無視で力強く抱き締めた。

 

 

「あんたは何か見返りが欲しくて俺を慰めたのか?」

落ち着いたバックはジャッカルの腕からそっと離れようとする。しかしジャッカルはジャッカルでバックを離そうとはしなかった。

「泣いている奴を放って置くほど冷たくはない。それに俺は情熱の国の出身だ。惚れかけた奴を手に入れる為なら何だってやるさ。言っている意味、お前に分かるか?」

ジャッカルの瞳には何処か優しげな色が浮かんでおり、バックに向けられる声は穏やかだった。

バックは胸に顔を押し当てて、小さな声で呟いた。

「…俺はフラれたばかりだ」

「あぁ、知ってるよ」

「…あんたも男で俺も男だ」

「惚れることに性別なんて関係無いだろう?俺はお前自身に惚れ込んだ。だからバック、失恋して恋した相手を忘れられなくてもいい。俺を見ろ」

「…その情熱を冷ますことは出来るのか?」

「無理なお願いだ」

「…もう負けたよ、俺の負けだよ。ジャッカル、あんたに任せるよ。あんたを信じてやる」

「そりゃ光栄だ。月明かりがまだ綺麗だよ、口直しに飲み直しと行こうか。バック、旨い酒は好きか?」

「…あぁ、好きだぜ」

「なら良いさ、バック、もう月は俺とお前しか照らしていない。いい月明かりだな」

「そうだな」


月明かりの下で穏やかに笑う男の瞳には薄っすらと涙の跡が見え隠れしていた。

 

夢のあと先(フューズ×カプカン)

【夢のあと先】


目を瞑れば、愛していたはずのお前は俺から離れていき、そして振り子のようにまた戻ってくる。

『お前が好きだ』

その言葉に嘘偽りなんて無かったはずなのに。またお前は俺の前から勝手に居なくなり、そしてまた戻ってくる。

『マクシム、お前の気持ちに嘘偽りはない、そう言ったよな?!どうしてお前は俺に嘘を付く?教えてくれよ、どうして他人の所へ行っては戻ってくる?ずっと俺の側にっ…!』

俺の言葉は悲痛な叫びになり、そしてまた胸が痛くなる。お前は俺をどうしたい、翻弄するくらいならずっと側に…。


『お前が大事だったが俺にとってお前の存在は眩し過ぎた。だから忘れたかった、だけど忘れることなんて出来なかった』

マクシムは薄い唇を噛み締めながら色素の薄い瞳を切なげに細めて俺を見つめてくる。

今にも泣きそうなその顔を見てしまえばそっと抱き締める以外の選択肢しか俺にはなかった。

それ以外、俺に選択肢は無いような気がした。この儚くて崩れてしまいそうなこの人を愛せるのは俺だけだと。

『…俺にとっても愛せるのはマクシム、お前だけだよ。だからもう、勝手に居なくなろうとするな。どんなことがあっても、俺はお前以外好きになんかならない。だからお願いだ、俺は の前から居なくならないで…』

『っ…、ごめっ…、ごめんっ…』

『いいんだ、お前が俺の腕の中に居てくれるだけで幸せなんだから。だから泣かないで、大好きだよ、マクシム…』

目を開ければ、まるでそれが現実だったかのように鮮明だった。

そう、これは夢だった…。

***


朝、目を覚ませば隣に眠るシュフラットの瞳には一筋の涙が浮かんでいた。眠り顔はまるで子どものように幼く、そして可愛らしかった。

「シュフラット、朝だよ。大丈夫か…?」

「…マクシム、マクシム…」

「甘えん坊だな、本当に」

目を覚ましたシュフラットは甘えるかのように俺の身体を抱き寄せて布団へと引きずり込んでいく。

「…夢を見たんだ」

「どんな夢だ?」

「お前が俺から離れてしまう夢だ」

抱き締めながら俺の手を握ってくるフューズの手は無骨で、だけどその大きな手の指にはめられている銀の輝きはまごうことなく俺とシュフラットの関係を象徴しているもので。

手を握り返し、俺は小さく呟いた。

「シュフラット、俺がお前から離れることはない。ありえないよ、どうしてかって?理由は簡単だ。お前が俺を照らしてくれたから。俺の暗かった未来を明るく照らしてくれたのがお前だからだよ。だからそんな不安になるなよ、どんなことがあっても生まれ変わっても俺はシュフラット、お前の隣にいるよ」

「マクシム…」

「だからそんな不安になるな、俺はお前が大好きだよ。お前は違うのか?」

「…俺もマクシムを心から愛してる」

「だったらそれでいいじゃないか。シュフラット、大丈夫だよ。朝はこんなにも穏やかなんだから。ほら、まだ早いから二度寝するか?」

シュフラットは一瞬無表情になるがそのあと屈託なく微笑んで俺に口付けを施してくる。

あぁ、愛しいってのはこういうことを言うんだな。

「…抱きしめながら寝てもいい?」

「…抱きしめられながら眠ってもいいのか?」

「あぁ、当たり前じゃないか。大好きだよ、マクシム。絶対に離してなんかやらないんだから」

それほど幸せなことはない。

シュフラット、俺はお前に出逢えて幸せなんだよ。

だから不安になんかならないで。

例えこの先、どんなに辛いことがあっても。

大好きなお前となら乗り越えられるって信じているから。


暖かな太陽の温もりが俺とシュフラットを微睡みへと誘っていく。二度寝から覚めたら少しだけ甘えてみよう。

瞳を閉じて穏やな微睡みに身を任せていった。

ゲリラ投稿⑦

 

グラズ×カプカンでシリアス。

 

【別離〜別れ道】


向かい合い、互いの瞳を見つめ合えばマクシム・バスーダはティムール・グラズコフの手を握りながら目を細めた。

かつては狩人と言われたこの男も今はただの病人に過ぎず、そしてかつての威厳などそこには存在しなかった。

ティムールはマクシムの手を握り返し、病床で臥せる彼の瞳を見つめて小さく呟いた。

「あんたはどうして延命を望んだ?薬で命を引き延ばしても辛いはずだ。自身の肉体にとっても精神的にも死を選択した方が良かったんじゃないか」

まだ40代半ばであるマクシムは気付かないうちに身体を病魔に蝕まれており、余命僅かという宣告を受けていた。

そんなマクシムと恋仲であったティムールは欠かさず彼の病室に足を運んでいた。日々痩せ細っていくマクシムを見るのが正直ティムールの精神に応えていた。

「…俺は最期までしぶといから」

力なくマクシムは口から言葉を漏らす。痩せ細った顔、細くなってしまった指先は微かに震えており、ティムールの顔に触れるかのように伸ばされていく。

「…死に逝くことに恐れなどない、分かった時から死を受け入れることを心に決めていたからな。ただなティムール、俺が一番怖いのは…」

マクシムの指はするりと陶器のように整ったティムールの顔に触れていた。まるでもう触れられないと言わんばかりに、慈しむかのように。

「俺が逝って、お前が別の誰かと幸せになることが一番怖い。ティムール、俺を忘れないで、俺と過ごした日々を思い出して、ずっとずっと…、俺を想ってくれないか」

マクシムはティムールに乞うかのように囁いた。ティムールは唇を強く噛み締めながらマクシムの身体を引き寄せた。

「…俺があんたを忘れる訳なんか、忘れる訳なんかないだろう?!絶対に忘れてなんかやらないっ、マクシム、あんたは何も分かってない!!置いて逝かれる俺の気持ちなんか何一つ分からないだろう…!!」

ティムールは薄い青の双璧に涙を浮かべながらありったけの想いをぶつけた。マクシムは力が入らない身体で必死にティムールの身体を抱きしめ返す。

「…俺だって本当は生きたかった、だけれどこれが運命というのなら受け入れるしかないだろう。ティムール、俺を好きになってくれてありがとう、俺を愛してくれてありがとう、俺と…」

嫌だ、嫌だ、やめてくれっ…

「俺と出会ってくれて、ありがとう…」

ティムールにどさりと身体を預けて瞳を瞑るマクシムを涙目でティムールは見つめた。

心臓の鼓動も、
穏やかな瞳も、
大好きだった温もりも。

今はもう、何も遺ってはいなかった。

ティムールは体温が失われていくマクシムの身体をより強く抱き締めながら瞳から大粒の涙を流していく。


「…Любит вас, провел день 2 снова и не вернется, так 2 градуса. Я любил тебя. Гораздо больше, чем все остальное,. Так что пожалуйста, Покойся с миром.(…あんたを愛して過ごした日々はもう二度と戻っては来ない、そう、二度とだ。俺はあんたを愛していたよ。何よりも、ずっとな。だからどうか、安らかに…)」

 

マクシムの身体をゆっくりと寝かせ、色白くなる彼の顔を見つめながらティムールは彼の手を握り続けていた。

もう二度と目を覚ますことのないマクシムの顔はどこか安らかで、そして幸せそうだった。

 

ティムールの涙が一粒、頰を伝って落ちていく。

 

ゲリラ投稿⑥

【穏やかな朝の日常】


ドクとルークで朝の日常。

 

朝、リビングに眠気まなこを擦りながら向かえば大好きな恋人が朝食を並べてニコリと微笑んだ。

「おはよう、ギュスターヴ」

「んっ…、おはようジュリアン」

昨夜は家に帰ってくるなり疲労で私も彼もすぐに眠りについてしまった。まともに会話も出来ず、彼に対しては申し訳なさだらけだった。

「ギュスターヴ、寝癖付いてるよ?まったく貴方らしくない。ま、そんな所も可愛くて俺は好きだけど」

「朝からよくもまぁそんな恥ずかしいことを言えるよね。ジュリアン、コーヒー頂戴。砂糖とミルクは入れないでね」

「照れちゃってまったく。分かった、はい、ブラックコーヒー」

「…ありがとう」

ジュリアンもエプロンを脱ぎ、椅子に腰を下ろす。互いに向かい合って『いただきます』と口にして朝食にありついた。


「ギュスターヴは今日休み?」

「私は休みだよ、ジュリアンは?」

「俺も休みだよ、はぁ…、俺たちお互いの休みも把握出来ないほど忙しいんだね。ギュスターヴ、もし今日予定が無ければずっと一緒に居てほしい。一緒に掃除でもデートでも昼寝でも。貴方と一緒にいる時間が欲しい」

ジュリアンが作ってくれた朝食を食べながら私はジュリアンの少しだけ照れた顔を見つめた。

そうだ、ここ最近私たちは忙し過ぎて話をする暇も無ければお互いの休みだって知らなかった。

あぁ、私は君の恋人として失格かもしれない。ジュリアン、私も君と過ごしたい。だから、だから…。

「少しだけ家の掃除をしてからこの間オープンしたばかりのカフェに行こう。疲れた身体には甘い物って言うだろう、それから買い物に行って春物の洋服を買いたいな。あとはディナーに出掛けようか。どう?今日一日、君のために考えた速攻デートプラン。私も君と一緒に居たいんだ。ジュリアン、忙しいのを言い訳にしていた私を許して」

「…俺は別に怒ってなんか居ないし、俺と貴方は同じ職場だから忙しいのは理解しているよ?ただ、その、思った以上にギュスターヴ、貴方が考えてくれていたデートプランが嬉しくてにやけそうなのが一番困る。俺がリードしたいのに、貴方はそうやって突然に歳上の余裕を見せてくるから心臓が幾ら有っても足りない。…よし、朝食食べたら早速掃除をしてデートの準備をしようか」

君はそうやってころころと表情を変えて私に見せてくる。歳上の余裕?そんなもの、とうの昔に捨ててしまったよ。

君と出会ってから私の毎日は君の為だけにあるようなものだ。ジュリアン、こんな私を好きになってくれてありがとう。

「…私も君と毎日過ごしていると心臓も身体も持たないよ、ふふ、早く朝食食べきっちゃおうか。ジュリアン、好きだよ」

「不意打ちはずるいよ、ギュスターヴ」

穏やかな朝を迎えるのは実に久しぶりのこと。今日は君の為だけに時間を使えると思うと自然に笑みが溢れてしまう。

「…ギュスターヴ、何か楽しいことでも?」

「いーや、何でもない」

大好きな君と視線がぶつかり、浮かぶのは太陽に負けない満面な笑みだけだった。

 

ゲリラ投稿⑤

 

カプカン×グラズ

 

【kiss.missing you】


寂しいと思っていても、お前はいつだって平気な顔をして笑っていた。辛いなら辛い、寂しいなら寂しい、恋しいなら恋しいと口に出せばいいのに。

我慢強いお前は思ったことを口にはしてくれない。口にしてくれなければ想いなど伝わる訳なんてないのに。

俺はいつだって思う。

本当のお前は何処に居る?
本当の想いは何処に有る?

教えてくれよ、グラズ…。


***


気まずい空気が流れる二人部屋。

一人は暗い表情を浮かべ、もう一人は不快だと言わんばかりに呆れた表情を向けていた。

グラズはカプカンを見つめては暗い顔を浮かべて思っていることを言いたげな表情を見せる。

一方のカプカンは言葉にしないグラズに対して苛立ちを露わにし、グラズの顔を睨みつけていた。

「…餓鬼じゃないんだ、口があるなら思っていることの1つや2つ言ってみろよ。グラズ、いつまでお前は黙ってるつもりだ?」

「あんたには関係ない。あんたに思ったことを言った所で解決するようには思えないからな」

「だったらそんな暗い顔を俺の前で見せるな。実に不快だよ。グラズ、毎日共に過ごしている俺は実にお前に対して苛立ちを隠せない。なぁ、はっきり言えよ。何が不満なんだ」

カプカンの表情を見たグラズはびくりと身体を震わせてカプカンの顔を見つめた。今にも怒りを爆発させそうな狩人の瞳には鋭さが浮かんでいた。

グラズはカプカンの顔を涙で視界を歪ませながら見つめてゆっくりと唇を開いて言葉を呟いた。

「…寂しい」

「…は?」

「だから寂しいって言ってるじゃん!あんたはそうやっていつも澄ました顔で俺と過ごして夜も寝るけど触れて来ないし、最近はキスすらしてくれないじゃないか。そんなこと俺から言わなくちゃ行けないのかよ、あんたは鈍感過ぎる、もう少し俺のこと考えろよっ…、カプカンの馬鹿っ…!」

嗚咽を上げそうになるのを堪えながらグラズはカプカンの腕に触れて抱き締めるように促した。カプカンはグラズの泣き顔を見て、先ほどまで呆れ顔だった表情を幾分か柔らかくし、グラズの身体を抱き寄せた。

「…ようやく本音を言ったか」

「…え…?」

「お前は溜め込み過ぎなんだよグラズ。寂しいなら寂しい、辛いなら辛い、恋しいなら恋しいってお前の口から直接俺に言ってくれよ。俺だってお前を大切にしてやりたいって思ってんだ。お前自身の心も、お前自身の想いも全部俺に向けろよ。好きなんだよ、お前が何よりも」

グラズを抱きしめながらカプカンは彼の身体をより強く抱きしめた。グラズもまたカプカンの背中に腕を回し、ぎゅうっと抱きしめ返す。

「…あんたにキスされたい、お願い、俺の我が儘を聞いて?今日はそれ以上望まない」

潤んだ青の双璧は真っ直ぐとカプカンだけを見つめていた。カプカンはゆっくりとグラズの陶器のような顔に触れて薄い唇に己の唇を重ねていく。

久しぶりの体温は互いの心にじんわりと溶けていく。ほろりとグラズの瞳からは涙が零れ落ちる。それは何よりも望んだ最愛なる温もりを手に入れた喜びの涙だった。

 

「…カプカン…、俺も…あんたが好きだよ、誰よりも何よりも大好きで愛しい。だからずっと側にいて」

乞うように呟かれたグラズの言葉に対してカプカンの答えは一つだけだった。

「俺もお前を愛してる、唯一無二のお前だけを俺は愛してる。俺以外の体温を望むな、俺以外を側に置くな…。グラズ、好きだよ」

想いは言葉にすれば伝えるのは簡単だった。

ようやく伝わった気持ちはようやくお互いの体温となりじわりと心に浸透していった。

何よりも変え難い、愛しい想いと共に。

ゲリラ投稿④

 

フューズがレインボー部隊に行くときの心情。


【今、旅立とうとする君】


心残りなんて無い。

俺はそんな風に思って毎日を過ごして、ただ殺伐とした日常に心を沈めていた。

それが当然なんだと、
それが当たり前なんだと、
周りの奴らは口を揃えて俺に言葉を吐き捨てて来た。

しかし、やっぱり旅立とうとする自分自身の気持ちと心は追いつかず。俺にとってこの昇進に近い話は意味を為すのだろうか。

そんな気持ちばかりが俺の心に散りと同じように降り積もっていく。

辛い、
苦しい、
逃げたい…。

いつからか、俺は弱くなり疲弊してしまった。

だけど俺にはかけがえのない、宝と言える仲間が居た。辛い訓練も、心を無にして殺伐とした日常を共にしてきた仲間が…。


『辛くなったらいつでも頼れ』
『あんたにそんな顔は似合わない』
『お前はお前らしく居ろ』

あぁ、そうだったな。

俺は俺らしく、そして前を向いて歩き出すよ。

『行ってくる』

祖国にいる宝、お前たちより先に俺は旅立つよ。

この『rainbow six』にー・・・。