読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

穴龍の里

穴龍がr6sのSSをupする欲望の吐き捨て場。

昼休みの出来事

【昼休みの出来事】


江夏×田波


***


「田波さん」

「ん…??」

「いくら昼休みだからって屋上で寝るなんて風邪ひきますよ」

先輩である田波さんに用があった俺は田波さんが居るであろう屋上に足を運んだ。

案の定、彼はワイシャツにネクタイというラフな格好で気持ち良さそうに屋上で昼寝をしていた。

「江夏か?…どうした」

「田波さんに頼まれていた資料が出来たから提出したくて探していたんですよ。署内を探しても居ないから屋上に来たらあんた寝てるし」

「ここ最近捜査で徹夜が続いて居たからな。悪いな江夏、貴重な昼休みを使わせちゃったな…」

「…別に構いません」

俺は田波さんの隣に腰を下ろす。寝起きで寝癖のついた田波さんの頭に無意識に手を伸ばした俺は彼の頭をくしゃりと撫でる。

「ちょっ、いきなりなんだ…!」

「あんたの頭に寝癖がついて居たから直そうと思って。あんた一応警部なんだから身なりくらいしっかりした方がいいですよ」

「う、うるせー…、馬鹿江夏」

田波さんは起き上がると空を見上げながらネクタイをきゅっと締めて身なりを整える。

「格好いいですね」

「それ本音か?」

「…俺は嘘を言わないですよ、特に好きな人や落としたい人に対しては。一途だから、俺」

「っ…!何、お前は俺が好きなのか?こんなおじさんを?」

「分からせて欲しいなら、分からせてあげますよ。田波さん、あんたが好きだ…」

屋上で俺は田波さんを押し倒す。寝癖を整えて服装までキチンと整えてたあんたを俺は押し倒す。

「な、何すんだっ…」

「田波さん、好きです…」

「耳許で、耳許で言うな馬鹿っ…」

「首が赤いですよ、可愛いですね」

「うるさっ…んっ…?!」

口答えする田波さんの唇を塞いで黙らせてしまえばこちらの物だ。あぁ、あんたの体温がこんなにも心地良いなんてな。

田波さんの舌に俺の舌が絡まり、そして互いの体温を感じながら堪能していく。

…まるで求めていたかのような、そんな感覚を俺は覚えてしまう。気が済むまで田波さんの唇を堪能した後、ゆっくりと唇を離せば田波さんの顔は真っ赤になっていた。

「ばっかじゃねぇの?!」

「…そんなに怒らなくても…」

「仕事に集中出来なかったら責任取れよ、バカ江夏!」

「もう、本当に田波さん、あんたって人は…」

ゆっくりと立ち上がるあんたの姿を見て俺はぼそりと呟いた。この声を、この想いを聞いてもらうのは今夜でいい。

 

 

 

 

 

 

 


「本当にあんたって人は可愛い、大好きだ、愛してる」